塚本快示作品買い取ります。

塚本快示 人間国宝

戦後、美濃窯の発展に貢献した陶芸デザイナー・に師事しクラフト風な磁器の制作と平行しながら中国陶磁の研究に励んだ。主に模範としたのは中国・北宋時代の白磁や青白磁、また同じく北宋時代の「影青(いんちん)」である。素地となる土には各地の長石や陶土を配合し、釉薬も長石・陶石・カオリン・柞灰・石灰などで調整したものを用いるようになる。

1948年頃、古陶磁研究家・小山富士夫が著した『影青記』に感銘を受け自らの技術を更に磨き精度を高めていった。特に白磁胎がまだ乾ききらないうちに鋼や竹のヘラで刻まれる片切り模様の精緻さは他の追随を許さず、その技術は日本だけでなく中国の陶磁界でも高い評価を得ている。


*塚本快示作品の買取の流れ
お電話にて売却希望の品物の状態などお聞かせ下さい。

お伺いする日程 時間など決決めます。

当日でもご都合が合えば訪問させていただきます。

骨董品 買取 MUKKU 酒井

0120-510-225 携帯に転送されます。

お気軽にご相談下さい。

*出張費は一切頂くことはございませんのでご安心下さい。

 

査定及びお支払い
現地にてお立会いのもと査定見積りいたします。価格が折り合いましたら、買取成立となりますので金額が合わなければお断り下さい、その場で現金にて金額をお支払い致します。その後、品物を引き取りお運びさせて頂きます。

秘密厳守で作業させて頂きます。

車にも社名などは一切記載はございません。

複写伝票の控えをお客様にお渡し致しますので

ご安心下さい。

 

心を込めて商品を未来に残していきますので

よろしくお願いいたします。